奨学金なるほど相談所

講演・取材のご依頼

進学費用メール相談

  • HOME
  • 奨学金についてきちんと知る

  • 動画で解説!奨学金
  • すっきり解決Q&A
  • 奨学金講演日程と実績
  • 久米忠史執筆・著作
  • 奨学金なるほど相談所運営法人概要
    • 奨学金講演について

奨学金やることスケジュール

奨学金やることスケジュール

このページの関連キーワード 奨学金 やること 奨学金 日程 奨学金 手続き 労働金庫 入学時特別増額貸与奨学金 入学時必要資金融資

文:久米忠史(奨学金アドバイザー)
最終情報更新日:2021年1月26日

奨学金申請から支給までの流れ

日本学生支援機構奨学金の申請から支給開始までの流れを解説しています。

予約採用の場合

1 募集(日本学生支援機構→高校→生徒本人)
2 申込み・書類提出(生徒本人→高校)
3 推薦(高校→日本学生支援機構)
4 日本学生支援機構での選考
5 「採用候補者決定通知」の交付(日本学生支援機構→高校→生徒本人)

6 進学届提出(生徒本人→進学した大学・専門学校)
7 採用の決定・通知(日本学生支援機構→進学した大学・専門学校→生徒本人)
8 返還誓約書の提出(生徒本人→進学した大学・専門学校→日本学生支援機構)

9 奨学金の振込み開始
10 卒業(貸与終了)
11 返済開始

入学時特別増額貸与奨学金の手続き

入学初年度に一度だけ借りられる「入学時特別増額貸与奨学金」を選択すると、採用候補者決定時に「国の教育ローンの手続きが不要」か「必要」かが記載されています。

「不要」と記載されている方は、収入が基準以下なので入学時特別増額貸与奨学金の「採用決定」という意味です。

一方、「国の教育ローンの手続きが必要」と記載されている方は、国の教育ローンを申請して不採用であれば「入学時特別増額貸与奨学金の採用が決定」というややこしい流れになっています。

入学時特別増額貸与奨学金は、国の教育ローンを借りられなかった人を救済するために設けられたという背景があるため、このような面倒な仕組みとなっているのです。

労働金庫の入学時必要資金融資を利用する場合の流れ

奨学金の支給開始は進学後となっているので、入学前に必要な入学手続き費用に充当することはできませんが、 労働金庫(ろうきん)では、「入学時特別増額貸与奨学金」に採用された方に、奨学金と同額を上限に前もって貸し付けてくれる「入学時必要資金融資」制度を設けています。

入学時必要資金融資は、日本学生支援機構の奨学金と連動した特殊な前借り制度ですが、利用にあたっては通常の教育ローンとは異なりいくつかの制限があります。

入学時特別増額貸与奨学金を選択した方には、採用候補者決定通知時に「入学時必要資金融資」の案内書が同封されていますが、内容をよく読み、自分にとって都合が良い制度なのかどうなのかを判断したほうがいいでしょう。

【労働金庫の入学時必要資金融資の注意点】

  1. 1お金が本人に支給されるわけではない
  2. 2使い道が限定される
  3. 3利用できる時期が限定される
  4. 4奨学金の振込み口座が労働金庫になる

このページの著者

奨学金アドバイザー

久米忠史

くめ ただし

1968年生まれ
東京都江戸川区在住

奨学金講演を毎年100回以上行っている
奨学金アドバイザー久米忠史が生徒や保護者の生の声を聞き、少しでも奨学金についての理解を深めてもらえるよう綿密な調査を行い、情報をまとめました。

もしあなたの周りに「奨学金」の事で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非このホームページを紹介してください。 きっとお役に立てるはずです。

Twitterでシェアする

Facebookでシェアする

LINEで送る

はてなブックマークに登録する

パソコン版表示
に切り替える

スマホ版表示
に切り替える